The Pillow (ザ・ピロー)は本当に快眠できるのか?実際に使ってみた!

僕は今までオーダーメイドの枕を使っていました。

首の骨のラインを計測してもらい、それに合った高さの枕を作ってもらったのものです。

値段も2万円と高かっただけに、自分にはかなり満足度の高い枕でした。

 

ただひとつ問題が……。

まず中身がそば殻なんですが、耐久性があまりないということ。

 

半年くらいでへたってきたのと、一番の問題が虫が湧いてきたのです。

 

夏場はちゃんと天日干ししていたのそんなことはなかったんですが、寒くなると外に干すこともできずに、「まぁ寒いし乾燥してるし大丈夫か」と油断をしていたら一気に来たようです。

 

いやぁビックリした。

疲れ目かともったら虫が出てきてんだもん。

今思い出しても鳥肌が……。

 

もちろん、ちゃんとしたメンテナンスをすれば長持ちするんでしょうが、それでも枕屋さんには2年に一度は買えた方が良いと言われました。

 

2年に1回の取り換えで、2万。

健康に関わることなので、高いか安いかと言ったら決して高いとは思いませんが、かといって低所得者の僕にとっては安い買い物でもなく。

 

もっと長持ちして、さらに安くて、安眠できる枕がないもんかと探していたのです。

ネットで探していたところ、見つけました。

 

それが、The Pillow (ザ・ピロー)という商品です。

 

汗水流して働いたお金で、

思い切って買ってみましたよ!

 

僕がThe Pillow (ザ・ピロー)を買った理由

幅の広さが十分!

まずは横幅が60センチと広いところです。

まず僕が枕を買う基準として幅が50センチ以上は最低あるものと決めています。

身体が安心して寝返りを打てるようにするためです。

幅が狭いと寝返りの際に枕から頭が落ちて目が覚めたり、無意識に身体が寝返りを避けて身体に負担がかかります。

というので幅の広さは絶対に譲れませんでした。

 

高い反発力!

低反発発枕を使ったこともあるんですが、自分には合いませんでした。

目覚めたときに首が痛くなったんですよね。

おそらく、過度な負担がかかっていたからだと思います。

The Pillow (ザ・ピロー)は浮いてると思うほどの高反発をウリにしているということでしたので、強い興味をひきました。

寝返りをスムーズに行えるということが僕にとっては非常に重要です。

その点からも反発力のある枕がほしかったのです。

 

丸洗いできていつでも清潔な状態を維持!

そば殻も夏は涼しくて良かったんですが、やはりメンテナンスが大変でした。

丸洗いは当然できず。

自然素材は自然素材で良いところがあるので、マメな方には良いと思います。

怠惰な僕には無理だった……。

The Pillow (ザ・ピロー)なら丸洗いが可能ですので、その点も安心でした。

もう枕から虫が出てくる光景は見たくない……。

 

返品保障あり!

The Pillow (ザ・ピロー)は7年間の品質保証がついています。

7年以内の使用で、10%中身がへたれてしまったら修理・交換してくれるんです。

もちろん無料です。

10万回の圧縮テストでもへたれなかったそうですから、耐久性もありそうです。

非常に軽い素材なのに。

そば殻だとどうしても中身が割れてしまったりするんですが、これは長い間使えそう。

金額的にも大きなものではないし、長年使えるとすればコスパも良い。

これも大きな購入理由となりました。

 

購入を迷った理由

真ん中の穴

The Pillow (ザ・ピロー)は真ん中に穴が開いています。

個人的には枕はフラットな形状が好きです。

僕の後頭部がおかしいのか、穴が開いているとうまくハマらないことが多かったんですよね。

これが購入を迷った一番の理由です。

試しに使ってみるということもできないので、頭に合わなかったらどうしようとかなり迷いました。

 

 

というわけでThe Pillow (ザ・ピロー)を使ってみた!

迷いもあったんですが、さすがにバスタオルによる代替枕も都合が悪いしってことで、思い切って買ってしまいました。

The Pillow (ザ・ピロー)。

ホームページはめちゃくちゃ格好いい。

逆にうさん臭くも見えなくもない。

ただ買ってしまった以上、自分の頭に合うことを祈るしかないという心境でした。

The Pillowが届いたぞ!

おー見た目は格好良い!

箱にを開けると、ビニールに包まれてこんな感じで商品が入っています。

手で押すと確かに反発力はありますが、かといって「硬い」という感じは全くない。

柔らかいけど、自然な感じで反発する今まで触ったことのない素材です。

夜に使うことが楽しみになってきました。

 

1日目

本体に、高さ調節用シートが一枚入っています。

低めが好みの方は高さ調節用シートを抜いて本体だけで使うことを推奨されています。

最初は普通にシートを入れた状態で寝てみたんですが、どうも自分には高かったようです。

気道がふさがれる感じがしてシートを外して使ってみました。

これならちょうどいい感じ。

 

真ん中には穴が開いています。

個人的には枕はフラットな形が基本形だと思っているんですが、実際に使ってみるとそんなに違和感はありませんでした。

やっぱり高反発って良いかも。

頭が自然と浮いている感じ。

 

仰向けで横向きでも首に負担がかからず、寝返りもスムーズに打てました。

睡眠についても寝付きについてはそんなに劇的に変わった感じはありませんでしたが、中途覚醒の回数は減りました。

いつもは4~5回は目が覚めるのに、2回だけ。

 

2回は目が覚めてんじゃねーか!って話ですが、それでも自分にとっては画期的なのです。

これはうれしかったですね。

 

The Pillow割といいかもしれんぞ……。

ただ枕って変えたときの安心感っていうか、プラセボみたいな感じで睡眠の質が上がったと感じることが、これまでもありました。

しばらく続けてみると、元に戻っちゃったって経験もありました。

というわけでこの感覚が続けば良いんですが。

ひとまず、初回の試しの利用の感覚は良かったので、しばらく続けてみようと思います。

枕が合わないと考えている人は検討してみても良いんではないでしょうか?

また続けみての感想は随時追記していきます。


 

使用後一週間

結論から言うと、使い心地の良さは継続しています。

使いだして3日目に寝返りを打った時に背中をひねったのか、痛みが2~3日続いたんですが、これは枕というよりもマットレスのせいでしょう。

首が痛くなることもなく、快適に使えています。

ただ、一度断念した高さ調節のシートを再び使ってみたんですが、やはり僕には合わなかったです。

気道がふさがれて、息苦しかった。

やはり自分には低めの枕が合っているよう。

シートを外すとジャストな感じです。

 

高さが調節できるのは大きな安心材料だと思います。

高めが好きな人はさらにシートを別売りで2枚追加することもできますので、高さの面で合わないということはないと思います。

枕を新しくするときって実はこの高さが合わずに使用をやめるっていうのがものすごく多いんですよね。

僕も何度もこれで枕をゴミにしたという経験があります。

そのリスクを回避できるだけでも高評価です。

 

まだ一週間ですから、当然へたりもありません。

さらに使用を続けていきたいと思います。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安眠のための寝具選びのコツ!朝に身体が痛くならないために

40代以上は硬めの枕が効果的?安眠のための枕選びを考える!

薬に頼らず不眠を改善する基本的な方法を紹介するぞ!